気をつけたいUR賃貸住宅の滞納!高すぎる家賃に注意


意外に多いUR賃貸住宅の滞納者

 

UR賃貸住宅の滞納は、家賃の高い・安いにかかわらず、意外に多くみられます。しかし、家賃を滞納して裁判所から強制執行を受けるのは、やはり高額家賃の物件です。

 

 

住んでいる地域にもよりますが、こうした公営に近い賃貸物件で家賃が10万以上となると、やはり考えものです。何かの理由で家賃を滞納してしまうと、簡単に滞納額が10万単位で膨らんでいくからです。

 

 

ここでは、UR賃貸住宅の滞納を見ていくことにしましょう。

 

 

UR賃貸住宅を滞納するとどうなる

 

ただし、UR賃貸住宅は家賃がそれほど安くはない物件もあることから、自営でそれほど収入が高くなければ、家賃を滞納するリスクもあります。

 

 

公営住宅なら、たとえ数ヶ月滞納しても額が小さいので知れていますが、UR賃貸住宅の場合はそれの何倍もの家賃というところもあります。収入減少リスクをあまり考えていない方が、何かのきっかけで収入が途絶えてしまうと、唯々手の打ちようがなくなってしまいます。家賃が高い物件を選んでしまうと、そのような方が出てきてしまいます。

 

 

基本的にUR賃貸住宅は、家賃滞納が3ヶ月を過ぎると裁判所から通知が来ます。そして裁判にこなかった場合は強制退去になります。ただし家賃返済計画書を用意して、裁判で和解した場合は強制退去をしなくて済みます。ですので、計画的に返せる場合は家賃返済計画書を提出してください。

 

 

強制退去を言い渡されると

 

強制退去になると、裁判所の執行官が来て、部屋の壁に強制退去する旨の書面を貼っていきます。そして執行日の前日までに荷物の搬出を終わらせるように言ってきます。

 

 

もちろん、相手は裁判所なので異議申し立てはできますが、滞納額があまりに多い場合は、おそらく何もできないはずです。自営の方がUR賃貸住宅を選ぶ場合は、あまり高い家賃の物件は避けたほうが良いかもしれません。

 

 

なお、滞納した家賃は都市開発機構に払うのではなく、債権を回収した保険会社(サービサー)に変わります。つぎはこの保険会社との話し合いになるわけです。

気をつけたいUR賃貸住宅の滞納!高すぎる家賃に注意 気をつけたいUR賃貸住宅の滞納!高すぎる家賃に注意 気をつけたいUR賃貸住宅の滞納!高すぎる家賃に注意 気をつけたいUR賃貸住宅の滞納!高すぎる家賃に注意 気をつけたいUR賃貸住宅の滞納!高すぎる家賃に注意

とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はコチラをクリック