クレジットカードを滞納するとどうなるか?代表的なケースで解説


クレジットカードの滞納について

 

クレジットカードの滞納は本来やってはいけないことですが、むかしとは違い、収入が減少する世の中にあっては、やむを得ない方も出てくるご時世と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

むかしはグレーゾーン金利が諸悪の根源と思われていたのですが、いまの時代は広がる格差自体が問題です。クレジットカードの所有枚数も、その人がおかれたレベルによって、まったく違うものになってしまうのではないでしょうか。

 

 

ここでは、クレジットカードの滞納について全般的な話をしていきたいと思います。クレジットカードごとに対応は違ってくるでしょうが、その点は了承いただければと思います。

 

 

クレジットカードは1日でも遅れたら滞納

 

クレジットカードの引落し日は27日というところが多いはずです。きちんと返済をしていれば、前日までにお金が口座に準備されていると思いますが、27日当日でも引落しに間に合う場合もあります。

 

 

またクレジットカード会社によっては、27日当日にコンビニで払い込めば延滞を逃れるケースもあります。しかし、1日でも支払いを遅れてしまうと、いずれのクレジットカード会社も支払いを滞納したと見なしてしまいます。そして、滞納した事実は個人信用情報機関に掲載されます。

 

 

1日遅れたぐらいならだいじょうぶだと思う方もいますが、自分の信用情報を汚さないためにはたとえ1日でも遅らせないようにしたほうが、今後のためにも良いでしょう。なお、一般的にクレジットカードは滞納した時点で、利用をとめられてしまいます。

 

 

次月合算される前に未払い分は何としても支払いたい

 

クレジットカードを滞納した場合は、2度目の引落しというものが用意されている場合があります。しかし、最近のクレジットカードは、この2度目の引落しがないものが増えています。お持ちのカードがどちらのタイプなのか、確認しておきましょう。

 

 

また、クレジットカードを滞納しても、最近では連絡を入れない方が多いようです。クレジットカードを滞納したら、遅れた事実を連絡していつなら支払えるのか担当者に伝えます。かりに、そのとき資金困窮状態でいつ支払えるか分からない場合は、2、3日中に再度支払予定日をはっきりさせて連絡すると伝えるべきです。

 

 

ただ、連絡を入れなくても「いつまでに支払ってください」という通知が郵送されますし、度重なる方には連絡も入ります。ですから、こちらから連絡を入れなくてもだいじょうぶなのです。ただ、あなたを信用して持たせてくれているのがクレジットカードなのです。遅れたら一報入れるのが当然ではないでしょうか。

 

 

滞納が続くと強制解約となり支払だけを続けることに

 

ほとんど方は、2度目の引落し日や入金日に支払ってしまう場合が多いのですが、この段階でも支払えない場合は、次の段階に進んでいきます。

 

 

この段階でも支払えないと、次月の請求に合算されます。ただ、まだ数日は余裕がありますので、その期限日を伝えるためにクレジットカード会社から電話が入ります。できれば、この期限には間に合わせて欲しいところですが、間に合わない場合は次の請求に未払い分がのってきます。

 

 

これでも返済できない場合は強制解約となり、未払い残金を分納する話し合いになっていきます(債権は債権回収会社に委託される場合も)。当然ですが、クレジットカード会員ではなくなりますから、会員としてのメリットは受けられません。

 

 

クレジットカードの滞納については、大体このような流れで進んでいきます。

クレジットカードを滞納するとどうなるか?代表的なケースで解説 クレジットカードを滞納するとどうなるか?代表的なケースで解説 クレジットカードを滞納するとどうなるか?代表的なケースで解説 クレジットカードを滞納するとどうなるか?代表的なケースで解説 クレジットカードを滞納するとどうなるか?代表的なケースで解説

とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はコチラをクリック