貸金業者であるサラ金の返済を滞納すると一体どうなるの?


サラ金と言っても法に則った貸金業者

 

サラ金と言っても、ヤミ金融ではありませんから、金融庁の認可を受けて営業している貸金業者です。今の貸金業者を取り巻く法律は改正されており、違法行為はすぐ摘発されてしまいます。

 

 

ですから、サラ金や消費者金融といっても、取り立ては厳しいところは少なく、かえって、クレジットカード会社の応対のほうがキツイとの口コミを、ネットなどでよく見かけます。ここでは、一般的なサラ金の返済を滞納した場合どうなるのかを見ていきたいと思います。

 

 

サラ金を滞納するとどうなるか?

 

よくあることですが、はじめはサラ金も携帯あてに電話しますが、サラ金から電話が掛っていることに恐れを感じて無視していると、固定電話や勤務先に個人名で連絡してきます。おわかりの通り、サラ金からの電話というのは雰囲気でバレてしまいますから、携帯にはちゃんと出るようにしましょう。

 

 

なお、サラ金はクレジットカードほどではありませんが、1日でも滞納してしまうと、基本的には使えなくなります。でもすぐ使えなくなることはなく、たとえば月初すぐ入金するとそのまま使えることがあります。

 

 

また、ちゃんと入金して利用枠があれば、引き続き引き出すことは可能です。返済がしんどい時など、無理して返済して、また引き出すということは、よく使われた手でした。

 

 

そんなサラ金でも、お客が払わない相手だと、いわゆる取立てを行ないます。電話や手紙・通知も初期段階の取立てなのですが、次の段階になると自宅に訪問し直接交渉ということになります。

 

 

ただし、貸金業法が改正されて、正当な理由なく「午後9時から午前8時以外の時間に債務者に電話をかけたり、FAXを送ったり、自宅を訪問する」ことはできません。ただ、午後9時までなら取立て(誓約書と返済計画書をとる)を行なえます。大手は自宅にまで訪問取立ては行っていませんが、中小のサラ金は今でもこれを実施しています。

 

 

それでも埒が開かないお客さんは、裁判所に訴えるしかありません。

 

 

最終的には「給与の差押え」か「全額返済」

 

サラ金や一般の貸金業者が滞納者を裁判に訴えるということは、「給与の差押え」か「全額返済」しかありません。

 

 

「給与の差押え」は滞納者の給与から強制的に借金を回収することで、手取りの4分の1まで差押えることができます。しかし、会社にわかってしまうので、ほとんど方が「全額返済」を望みます。ただし、「全額返済」の場合は弁護士を立てて、分納に持ち込むのが普通です。

 

 

いずれにせよ、ここまで行かないうちに、早目に手を打ってしまうことが大切なのは言うまでもありません。

貸金業者であるサラ金の返済を滞納すると一体どうなるの? 貸金業者であるサラ金の返済を滞納すると一体どうなるの? 貸金業者であるサラ金の返済を滞納すると一体どうなるの? 貸金業者であるサラ金の返済を滞納すると一体どうなるの? 貸金業者であるサラ金の返済を滞納すると一体どうなるの?

とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はコチラをクリック