延滞すると対応が厳しい!モビットの返済を滞納したらどうなる?


モビットの返済を滞納するとどうなるか

 

モビットの返済日は5日、15日、25日、末日から選択できるようになっており、口座振替も選べるようになっています。ただし、モビットも消費者金融というのは多くの方が知っていることだと思いますので、ほとんどの利用者はATM返済を選んでいるようです。

 

 

モビットを滞納すると、返済日の翌日あたりから、督促の電話がかかります。契約時に連絡先は希望を聞いており、ほとんどの方が携帯電話を指定しています。ですので、督促の連絡は携帯にかかるわけですが、どうしても連絡がつかない場合は郵送での督促、自宅や勤務先への電話など、状況に合わせた督促を仕掛けてきます。モビットを滞納した場合は、かならず携帯に出るようにしてください(出られない場合は後ほどかけ直す)。

 

 

1日でも滞納したら信用情報に掲載される

 

携帯に出て、滞納してしまったことを謝り、いつなら返済可能かを伝えると督促は完了します。あとは、約束を守って入金するとカードをまた使えるようになります。

 

 

うわさによると、モビットの取立ての対応は比較的厳しいようです。ですから、滞納しそうな時は、返済日前に連絡をして「今回事情があり、返済日に間に合いませんが、○日には返済できます」と伝えておきましょう。こうすると、対応の厳しさは多少和らぐのではないでしょうか。

 

 

また、モビットは遅延損害金は20%(年率)かかります。遅延損害金は数日なら微々たるものですが、長く延滞すると(あたり前ですが)相当な金額になります。余計なお金を負担しないためにも滞納しないことがいちばんです。

 

 

滞納を日数で考える方がいますが、1日でも返済が遅れると事故歴として個人信用情報機関に載ります。モビットが加盟する情報機関は、日本信用情報機構・CICの2つです。数日延滞したぐらいで、個人信用情報機関に載らないと思っている方は、注意したほうがいいでしょう。

 

 

消費者金融は安易に増額融資を受けない

 

プロミスとは違い対応が厳しいことでしられるモビットですが、長く無視し続けると全額一括返済を求められることになります。そうならないためにも、きちんとコミュニケーションをとり、支払う意志を伝えることが必要です。

 

 

また、消費者金融の場合、増額融資は滞納の原因のひとつです。枠が100万を越えると要注意です。モビットはなぜかはわかりませんが、その方の許容範囲を越える融資を提案してくることがあります。増額を希望する場合はよく考えてからにしてください。

延滞すると対応が厳しい!モビットの返済を滞納したらどうなる? 延滞すると対応が厳しい!モビットの返済を滞納したらどうなる? 延滞すると対応が厳しい!モビットの返済を滞納したらどうなる? 延滞すると対応が厳しい!モビットの返済を滞納したらどうなる? 延滞すると対応が厳しい!モビットの返済を滞納したらどうなる?

とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はコチラをクリック