返済日にどうしても3万円足らずアコムを滞納した結果どうなった?


FX取引の大きな損失であっという間に多重債務者へ!

年齢/性別職業
40代/男性会社員
借入先借金
レイク150万円
アコム150万円
プロミス50万円
アイフル50万円
ノーローン50万円
楽天カードローン200万円
もう逃げてしまいたいくらいの気持ちでした

※写真はイメージです。


2年ほど前の話になりますが、FX取引で大きな損失を抱え借金を重ねることとなり、あっという間に多重債務者となりました。取引失敗により熱くなっていたこともありますが、それよりほかに方法がないと思い大きな借金を抱えることとなりました。

 

 

借金自体は簡単にできましたが、当然返済が待ち受けています。借金する際にはしっかりとした返済計画が必要だとは言われますが、そんな状況でもなくとにかくお金を貸してくれるのであれば闇金でない限りは利用したいというところでした。

 

 

このようにして、あっという間の多重債務状態でしばらくすると返済に苦労するようになりました。そして、思いもかけない勤務先の急激な業績悪化により期待していたボーナスが大幅減額されることになり、返済が行き詰ることはほぼ間違いない状況となりました。

 

 

そしてついに返済できなくなりました。何とかお金をかき集めたのですが、どうしても3万円不足していました。返済日は月末に集中していて、毎月自転車操業ながら何とかしのいできたのですが、遂に万策も尽きてしまい遅延してしまうことを覚悟しました。

 

 

3万円の不足のため、レイク、アコム、楽天銀行カードローンのいずれかが返済できません。悩んだ挙句に取引歴の長いアコムで遅延することにしました。

 

 

アコムで滞納!そして携帯電話に留守電が・・・!

これまでもうっかり忘れで1日ほど遅延したことは1度ありましたが翌日にはきちんと返済していました。ところが今回は無理というか先も読めない状態で私から電話をしようという気にもなれませんでした。

 

 

すると、返済日から2日目の午前中にアコムから携帯電話に留守電が入っていました。もちろん、覚悟の上ですがもう放置もできないと感じました。その日は会議続きで忙しくそしているとさらに夕方にアコムからの着信がありました。意を決して、会社を抜け出して着信先に折り返しの電話連絡を入れました。

 

 

電話先のオペレーターは非常に丁寧な感じでホッとしました。まず、連絡が遅れたことを詫びたうえで現状を説明し非常に困っていることを伝えました。オペレーターからは、これまで遅延なくきちんと返済していただいていたので信頼していますし、ご事情も理解いたしました。

 

 

できるだけの対応はしたいのですが先月分の支払いは可能でしょうかと尋ねられましたので、逆にいつまでなら待ってもらえるとか聞くと、まず10日以内に返済してもらえると嬉しいが、それを過ぎると自分の担当から離れるので次の部署で相談していただくことになりますと言われました。

 

 

当てはなかったものの、とりあえず10日以内に返済するということにして一旦電話を切りました。しかしながら、当然、10日で支払えるわけもなく困っていると本当にあっという間に10日が過ぎてしまいました。

 

 

正直、もう逃げてしまいたいくらいの気持ちでしたが、約束が守れなかったためこちらから前回の連絡先に電話を入れました。すると、前回の話の通りに次の部署の担当者の方が出てきました。前回ほど甘くはないかなと考えていましたが、今回の担当者の方も非常に丁寧な方であったので助かりました。

 

 

本当に申し訳ないということで詫びを入れると、ご事情は理解しておりますが、今月の給料日に支払っていただくことは可能でしょうかと提案されました。もちろん可能なので真っ先に返済しますと了解し、延滞料含めた返済金額とATMで返済することを約束しました。

 

 

また、この電話でも、ボーナスが大幅減額となったためにこのような状況になっていることを説明して、しばらく返済額を減額することは可能かどうか尋ねてみました。

 

 

担当者のほうからは、「必ずしもお約束はできないが可能な場合もあります。ただし、債務整理になりますので個人信用情報に記録されお客様に不利益が及ぶ可能性もあります」と言われました。ここで初めて債務整理という問題を意識することとなりました。とりえず、先月分を支払ったうえで次の相談をさせてほしいと話して電話を切りました。

 

 

もう限界。弁護士に相談

この段階までは、債務整理ということは全く考えていませんでした。借りたものは返すのが当然ですし、法的な知識もほとんどない状態でした。いろいろ考えましたが、勤務先の状態がどうなるかも怪しかったため、返済不能な状態になることを前提として考えた末、弁護士事務所の無料債務相談を受けてみることにしました。

 

 

結論から言うと、ここで弁護士さんからアドバイスを受けたのは自己破産の申請です。状況的に返済不能状態であること、自宅やマイカーなどの資産がほとんどないことから自己破産が非常に有利に申請できると教えてもらいました。

 

 

また、懸念していた家族や勤務先に知られることもまずないということ、デメリットはクレジットカードが当分利用できないことということで、自己破産の申請を決意しました。

 

 

自己破産を申請することで、それ以降はすべて弁護士事務所のほうが対応してくれました。また、全く予想外でしたが、弁護士事務所から受任通知というものが消費者金融などに送られることで、毎月の返済がストップすることとなり、電話連絡なども一切なくなりました。

 

 

言うまでもなく、返済する必要が無くなりましたので、生活にも余裕ができることとなり弁護士費用もそこから捻出することができました。4か月ほどかかりましたが免責決定となり借金はゼロとなりました。もう二度と同じ過ちを犯さないようにしたいと強く肝に銘じた次第です。

返済日にどうしても3万円足らずアコムを滞納した結果どうなった? 返済日にどうしても3万円足らずアコムを滞納した結果どうなった? 返済日にどうしても3万円足らずアコムを滞納した結果どうなった? 返済日にどうしても3万円足らずアコムを滞納した結果どうなった? 返済日にどうしても3万円足らずアコムを滞納した結果どうなった?

とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はコチラをクリック